スマホで使えるアプリで「つみたてNISA」を利用する

公開日: 更新日:

マネー系アプリ(2)

 新年度が始まり、心機一転、投資で資産を増やそうと決心した人もいるだろう。資産を有利に増やすためには、非課税制度を利用したい。現在、株式や投資信託から得た利益には約20%の税金がかかる。仮に100万円の利益が得られても20万円の納税が必要なわけだ。しかし、NISAやつみたてNISAを利用すれば利益が満額手に入る。今回は非課税制度を利用して手軽に運用できるアプリを紹介しよう。

 ウェルスナビの「おまかせNISA」は、ロボアドバイザーを利用して自分に最適な資産配分を判定。その上でNISA口座を利用し運用を開始できる。約50カ国1万1000銘柄と幅広い分散投資が可能だ。

 また、資産運用を続けていると各資産の値動きによって当初設定した資産配分が変わってしまう。元に戻すことをリバランスというが「おまかせNISA」はNISA口座と通常口座の資産を合わせて判定し、リバランスができる。NISA口座ではいったん資産を売却すると、非課税枠が減ってしまう。そこで、配分が増えすぎた資産を売却する場合、通常の口座から優先的に売却する。非課税メリットを目減りさせずにすむわけだ。入金から取引までアプリでできるので手軽。なお、「おまかせNISA」は一括投資と積み立て投資に対応しているが、あくまでもNISA口座を利用したサービスで、つみたてNISA口座では利用できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る