度重なる苦難を乗り越え…「創業100周年」を迎えた1334社から学ぶべきこと

公開日: 更新日:

 2022年、各シンクタンクが打ちだした日本の実質GDP成長率は大和総研+4.0%、第一生命+2.9%、三井住友DSアセットマネジメント+2.9%。各社とも昨年を上回る好景気を予想し、久方ぶりの明るい新年を迎えられそうだ。

 一方、昨年末から新型コロナウイルスの新たな変異株が次々と現れ、第6波の感染拡大が指摘されるなど、コロナ禍による経済への影響が危ぶまれる。実際、昨年の新型コロナによる経営破綻は全国で2646社(昨年12月24日現在)と前年の2倍を上回っていた(東京商工リサーチ調べ)。まさに昨年はコロナ禍の影響で日本経済は深刻な打撃を受けた一年だった。

 こうしたなか22年に創業100周年(1922年創業)を迎える企業が全国に1334社あることが判明した(同社調べ)。100年前といえば創業翌年は関東大震災に遭遇、その後も第2次世界大戦、世界恐慌、石油ショック、バブル崩壊、金融危機、リーマン・ショック、そして2011年の東日本大震災と幾度も苦難をくぐり抜け、そして直近の新型コロナ禍も乗り越えて現在に至っているのである。そこには現在の企業が学ぶべきものはあるはずだ。東京商工リサーチの友田信男情報本部長が語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”