甘粕代三
著者のコラム一覧
甘粕代三売文家

1960年東京生まれ。早大在学中に中国政府給費留学生として2年間中国留学。卒業後、新聞、民放台北支局長などを経て現職。時事評論、競馬評論を日本だけでなく中国・台湾・香港などでも展開中。

(2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

公開日: 更新日:

「日立、東芝は一体なにをしに台湾にきたのだろうか? 彼らは子供の使い以下ですよ……」

 台湾高速鉄道(以下、台湾高鉄)の日本車両逆転受注に関わった台湾政商は、日本企業のコロナ禍のアポなし渡台に首をかしげる。

 1999年に車両の逆転受注をした際には東芝のほかに三菱重工、川崎重工、三井物産、三菱商事、丸紅、住友商事の7社で台湾新幹線株式会社を設立。同社には一般社団法人海外鉄道技術協力協会を通じてJR東海、JR西日本、日本鉄道建設公団(現鉄道建設・運輸施設整備支援機構)のスタッフが技術支援を行った。まさにオールジャパンの陣容だ。今回は商社も抜ければ、開業当初34編成中、最多の19編成を納入した川崎重工も抜け落ちている。

「川崎重工はJR東日本とともに中国高速鉄道に車両と技術を提供したのですが、これに日本企業連合の一部企業が激怒。川崎重工は台湾高速の車両更新からも追放されたのですよ」(前出の台湾政商)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?