岸田首相がかわす日銀総裁人事への“安倍圧力” ささやかれる「まさか」のリフレ派の名前

公開日: 更新日:

財界通(同=財) 最近、安倍晋三氏が元首相として例がないほど財政の拡大を政権に迫っているが、何が狙いかね?

政界通(以下=政) 成果を出せなかったアベノミクスを正当化するためと、次の日銀総裁人事に対する「圧力」ではないか。

 どういうことだ?

官界通(同=官) 黒田東彦総裁(77)は安倍氏が選び、金融の超緩和と財政の大規模出動という安倍政権の2本柱の片方を推進した。その政策決定に参加する審議委員の交代人事で、安倍氏は「リフレ派」を重用した。

 リフレ派とは「自国通貨で発行する国債なら、いくら増やしても日銀がお札を増やして買い取れるから、景気拡大のために増発していい」といった主張をする面々だな。

 でも、岸田文雄首相は今年3月、審議委員の交代で後任にリフレ派を採用しなかった。

 このときは安倍氏も動かなかったが、コロナ禍による部品供給の停滞とロシアのウクライナ侵攻に伴う資源や食料の値上がり、そして超緩和がもたらす円安で生活物価の上昇に火がついた。その抑制に、放漫財政と超緩和策を終わらせて円安に歯止めをかけるべきだ、との声が出てきた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず