日本の外食が世界最強と言われるワケ インバウンドで長蛇の列、海外展開も好調で完全復活

公開日: 更新日:

 コロナ禍で打撃を受けた外食チェーンが復活を遂げている。すき家、はま寿司などを展開するゼンショーHDやサイゼリヤ、鳥貴族HDなどの上場企業は業績が大幅に回復。2ケタ、3ケタ%増益の会社も見られる。

 コロナが明け生活が通常モードに戻り、インバウンド(訪日客)の復活で外国人が殺到している。

「渋谷や新宿、浅草などの繁華街や観光地にある一部のチェーン店には長蛇の列ができていますが、並んでいるほとんどが外国人です。それもマクドナルドやケンタッキーではなく、一蘭や一風堂、CoCo壱番屋など日本発の飲食店に人気が集中しているのが特徴です」(消費経済アナリスト・渡辺広明氏)

 実際、SNSには〈浅草の牛かつ屋、ものすごい行列〉〈一蘭、外国人ばっかり〉といった声が散見される。昨今のインバウンドの主流は個人旅行で、観光情報はガイドブックではなくインスタグラムなどのSNSで得ることが多いという。

「インフレによる相次ぐ値上げで日本人にとって高くなったチェーン店も、外国人にとっては円安効果でまだまだ格安です。今のところアルバイトの時給は上がっても、社員の給料にまでは波及していないところが多いですが、このまま好業績が続けば、多くの従業員が報われるのではないでしょうか」(渡辺広明氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋