「肥満症薬」がテスラを超えた! 有望株が次々と出現する米国市場の強さ

公開日: 更新日:

 アップルやエヌビディアなどの「マグニフィセント・セブン(M7=壮大な7銘柄)」にマネーが集中し、上昇を続けてきた米国市場に、新たな有望株が登場した。「肥満症治療薬」である。

 開発で先行したのはデンマークの製薬大手ノボノルディスクで、2021年6月に「ウゴービ」を米国で実用化した。さらに、23年11月には米イーライリリーが「ゼプバウンド」を米食品医薬品局(FDA)から承認され、販売を開始した。この欧米2社の株価は今年になり急騰し(ともに昨年末比3割高)、両社の時価総額はM7の一角のテスラの時価総額を上回った。2社の肥満症薬の販売が欧米で爆発的に伸びており、収益貢献の期待が大きいのである。

 アナリストの試算によれば、22年には24億ドル(約3600億円)だった世界の肥満症薬市場は、30年には何と40倍強の1000億ドル(約15兆円)に拡大する見込みだ。肥満症薬はがん治療薬に次ぐ成長分野である。世界の肥満人口は増加傾向にあり、世界保健機関(WHO)によれば、1975年の3億人から現在は約3倍の10億人を超えるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?