円安も影響…中国人が都心のマンションを買い漁っている

公開日:  更新日:

 2020年の東京オリンピック開催に向け、早くも不動産が動き出し始めた。とくに中国人の買いが目立っている。マンションのモデルルームをのぞくと、中国人の姿がチラホラ。最近は中国人を呼び込もうと、大京、三菱地所レジデンス、東急不動産、三井不動産などが台湾や香港の不動産仲介会社と提携する例もある。中国人は、どんな条件の物件を狙っているのか。

 6年後の東京五輪で、選手村予定地になっている場所の目の前に建設中の「ザ・パークハウス晴海タワーズ」。そのモデルルームは、中国語の通訳の声が響いていた。

 都内の不動産価格は、上海や台湾の台北などに比べて相対的に安く、これに最近の円安も加わって、中国人の購入意欲が高まっているのだ。

 中国人向け不動産仲介を行う「ユーエスマネジメンツ」(池袋)の担当者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る