円安も影響…中国人が都心のマンションを買い漁っている

公開日: 更新日:

 2020年の東京オリンピック開催に向け、早くも不動産が動き出し始めた。とくに中国人の買いが目立っている。マンションのモデルルームをのぞくと、中国人の姿がチラホラ。最近は中国人を呼び込もうと、大京、三菱地所レジデンス、東急不動産、三井不動産などが台湾や香港の不動産仲介会社と提携する例もある。中国人は、どんな条件の物件を狙っているのか。

 6年後の東京五輪で、選手村予定地になっている場所の目の前に建設中の「ザ・パークハウス晴海タワーズ」。そのモデルルームは、中国語の通訳の声が響いていた。

 都内の不動産価格は、上海や台湾の台北などに比べて相対的に安く、これに最近の円安も加わって、中国人の購入意欲が高まっているのだ。

 中国人向け不動産仲介を行う「ユーエスマネジメンツ」(池袋)の担当者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  8. 8

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

  9. 9

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る