トルコ国境まで移送 後藤さんは女死刑囚と交換寸前だった

公開日:  更新日:

 過激派組織「イスラム国」に殺害された後藤健二さんが、ヨルダンで収監されているサジダ・リシャウィ死刑囚との交換のため、1月29日にトルコ国境まで来ていたと、3日の複数のメディアが報じた。

 後藤さんはイスラム国の収容施設を転々とさせられたあと、交換の交渉期限の29日までにトルコ国境のタルアビアドに移された。ヨルダンからは女死刑囚も国境まで移送されていたが、土壇場で交渉が決裂。後藤さんは再び国境地帯から収容施設に戻された。

 交渉が決裂した理由はヨルダン側が拘束されている軍パイロットの生存の証拠を求めたのに対し、イスラム国側が拒否したためという。ヨルダン側は29日夕方、モマニ・メディア担当相がパイロットの生存の証拠が示されるまで、死刑囚の釈放に応じられないと声明を出している。ただ、ヨルダン側は死刑囚の移送は否定している。

 今回の人質交換交渉にはイラク最大スンニ派部族ドレイミ族が仲介していたとか、交渉が破談になったのはイスラム国の内部で意見統一ができなかったためなど、情報が飛び交っている。隠された真相がまだまだあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る