日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安藤氏会見で“無能集団”露呈 JSCトップ河野理事長の素性

 そういうことだったのか。

 新国立競技場の総工費が2520億円に膨らんだ問題で、デザインを採用した審査委員会委員長の建築家・安藤忠雄氏(73)が16日に会見。デザイン選定後にコストが増大した過程では、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)から一切説明がなかったと主張した。

 新国立競技場は当初、約1300億円と想定されていた総工費が、2520億円まで膨らんだ。しかもこの金額には、資材置き場にかかる費用や仮設スタンド(1万5000席)、開閉式屋根の工費などは含まれていないという。見積もりの甘さという以前に、JSCがいかに無能な組織であるかがわかった。

 そのトップにいるのが河野一郎理事長(68)だ。どんな人物なのか。

 東京医科歯科大卒の医学博士。大学時代はラグビー部で活躍。筑波大講師、助教授、99年教授。88年ソウル五輪からアトランタ五輪まで、3大会連続で日本選手団のチームドクターを務めた。ある関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事