• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

染料工場で「膀胱がん」多発…原因は厚労省の“ザル規制”

 被害がどこまで拡大するのか心配だ。染料や顔料を製造する「三星化学工業」(東京)の福井県内の工場に勤務する従業員ら5人が、相次いで膀胱がんを発症した問題。三星化学は4~5年前から、取り扱っている化学物質の「発がん性」を認識していたというが、なぜ、最悪の事態は避けられなかったのか。

 今のところ、膀胱がんのきっかけは「オルト―トルイジン」という化学物質とみられている。オルト―トルイジンはもともと液体だが、乾燥させると粉末状になり、空中に飛散しやすくなる。口や鼻から吸い込んだり、皮膚に付着して汗に溶け込んだりして体内に入ると、発がん性物質に変わるとされる。従業員らは粉末を袋詰めする作業に就いていたといい、作業中に何らかの原因で体内に入ったとみるのが一般的だろう。

 三星化学の従業員から、「膀胱がん多発」を打ち明けられた業界労組「化学一般関西地方本部」の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る