染料工場で「膀胱がん」多発…原因は厚労省の“ザル規制”

公開日:  更新日:

 被害がどこまで拡大するのか心配だ。染料や顔料を製造する「三星化学工業」(東京)の福井県内の工場に勤務する従業員ら5人が、相次いで膀胱がんを発症した問題。三星化学は4~5年前から、取り扱っている化学物質の「発がん性」を認識していたというが、なぜ、最悪の事態は避けられなかったのか。

 今のところ、膀胱がんのきっかけは「オルト―トルイジン」という化学物質とみられている。オルト―トルイジンはもともと液体だが、乾燥させると粉末状になり、空中に飛散しやすくなる。口や鼻から吸い込んだり、皮膚に付着して汗に溶け込んだりして体内に入ると、発がん性物質に変わるとされる。従業員らは粉末を袋詰めする作業に就いていたといい、作業中に何らかの原因で体内に入ったとみるのが一般的だろう。

 三星化学の従業員から、「膀胱がん多発」を打ち明けられた業界労組「化学一般関西地方本部」の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る