卑猥な表現続々 駿台センター試験問題集がセクハラ大炎上

公開日: 更新日:

 センター試験対策の問題集がエグ過ぎて大炎上だ。大手予備校「駿台予備学校」の講師が作成した漢字問題集の例文に多くのセクハラ表現があると批判が噴出、出版社が次回の改定時に内容を見直すことになった。

 問題集は、駿台文庫(東京)が昨年2月に発行した「生きるセンター漢字・小説語句」。例文中のカタカナを漢字に置き換える問題で、「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」「彼女の人生に俺という存在をコクインしたい」などとあった。予備校で現代文を担当する講師が著作したという。

 出版社は「覚えやすい例文を目指した」というが、ネット上などでは問題集に対して「下品すぎる」「セクハラだ」といった声が殺到。内容を精査することになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る