• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ムスリムに豚肉 イスラム過激派に口実与えた東京入管の愚

 神経を逆なでしたことは間違いない。東京入国管理局横浜支局で、退去強制手続きのため収容中のイスラム教徒のパキスタン人男(48)に“禁忌食”である豚肉を誤って提供した問題。17日には外国人の人権を守る都内の支援団体が入管を訪れ、クレームをつける事態に発展している。

 あらましはこうだ。同支局は入管法違反で収容した男に、今月3日の夕食で5ミリ四方の豚のハムが入ったひじきの煮物を誤って出した。食べてしまった男はこれに抗議。4日から水と蜂蜜以外は口にしない“ハンスト”を続けているという。

 入管の広報担当者は、「病気やアレルギー、もちろん宗教上の禁忌食にも配慮し、朝昼晩3食、要望に応じて提供しています。確認が不十分でした」と頭を下げる。再発防止に努めるというが、同支局では昨年8月にも別のイスラム教徒の男に豚のベーコンを提供し、謝罪したという“前科”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る