ムスリムに豚肉 イスラム過激派に口実与えた東京入管の愚

公開日:  更新日:

 神経を逆なでしたことは間違いない。東京入国管理局横浜支局で、退去強制手続きのため収容中のイスラム教徒のパキスタン人男(48)に“禁忌食”である豚肉を誤って提供した問題。17日には外国人の人権を守る都内の支援団体が入管を訪れ、クレームをつける事態に発展している。

 あらましはこうだ。同支局は入管法違反で収容した男に、今月3日の夕食で5ミリ四方の豚のハムが入ったひじきの煮物を誤って出した。食べてしまった男はこれに抗議。4日から水と蜂蜜以外は口にしない“ハンスト”を続けているという。

 入管の広報担当者は、「病気やアレルギー、もちろん宗教上の禁忌食にも配慮し、朝昼晩3食、要望に応じて提供しています。確認が不十分でした」と頭を下げる。再発防止に努めるというが、同支局では昨年8月にも別のイスラム教徒の男に豚のベーコンを提供し、謝罪したという“前科”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る