ムスリムに豚肉 イスラム過激派に口実与えた東京入管の愚

公開日:  更新日:

 神経を逆なでしたことは間違いない。東京入国管理局横浜支局で、退去強制手続きのため収容中のイスラム教徒のパキスタン人男(48)に“禁忌食”である豚肉を誤って提供した問題。17日には外国人の人権を守る都内の支援団体が入管を訪れ、クレームをつける事態に発展している。

 あらましはこうだ。同支局は入管法違反で収容した男に、今月3日の夕食で5ミリ四方の豚のハムが入ったひじきの煮物を誤って出した。食べてしまった男はこれに抗議。4日から水と蜂蜜以外は口にしない“ハンスト”を続けているという。

 入管の広報担当者は、「病気やアレルギー、もちろん宗教上の禁忌食にも配慮し、朝昼晩3食、要望に応じて提供しています。確認が不十分でした」と頭を下げる。再発防止に努めるというが、同支局では昨年8月にも別のイスラム教徒の男に豚のベーコンを提供し、謝罪したという“前科”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る