突き落としに切りつけ事件 12月の“駅構内”が物騒なワケ

公開日:

 物騒な世の中だ。11日は大阪市のJR新今宮駅のホームで女性2人が若い男に突き飛ばされ1人が転落。12日には東京・JR山手線内で女性が何者かに切りつけられる事件があった。大阪の事件では女性2人にけがはなく、いずれも犯人の男と面識はないという。

 それでなくても12月の“駅構内”は物騒だ。日本民営鉄道協会の調べによると、昨年度の鉄道係員に対する暴力行為は計792件。そのうち12月が88件と最も多い。例年そうだ。

 加害者の6割超が酔っぱらいというが、飲酒なしも3割近い。忘年会シーズンだからという理由だけではない。犯罪心理に詳しい臨床心理士の矢幡洋氏が言う。

「“年末ストレス”もあるでしょう。12月は『今年も何もできなかった』という焦りを感じやすい区切りの月です。反社会的な傾向のあるタイプが『年を越す前に何かやってやろう』などと犯罪に走りやすい。とりわけ師走の駅構内は大勢の人でごった返すので、ストレスが爆発しやすい環境ともいえます」

 年末はホームも電車内も背後にご用心だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る