日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“安倍vs翁長”の沖縄浦添市長選 辺野古賛成派の現職再選

 任期満了に伴う沖縄県浦添市長選が12日投開票され、無所属前職の松本哲治氏(49=自民、公明推薦)が、翁長雄志知事の支援を受けた無所属新人で前市議の又吉健太郎氏(42)を破り、再選した。

 市長選は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題で対立する安倍政権と翁長氏の「代理対決」の構図だった。

 1月の宮古島市長選に続き、政権側が勝利。沖縄県11市長のうち那覇と名護を除く9市長が政権の方針に賛成の立場にあり、翁長知事は反対派の勢力拡大を狙ったが、敗北した。辺野古移設をめぐる国と県の駆け引きに影響を与えそうだ。

 選挙戦は米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市移設の是非も争点だった。松本氏は前回選挙で反対を表明して初当選したが、容認に転じた。又吉氏は住民投票の実施を訴えたものの、翁長知事は容認派で、ややこしい関係になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事