すべては安倍サマの気分次第 国会は完全に茶番劇と化した

公開日:

 マトモな国民はついに、と呆れたことだろう。「東北でよかった」の暴言でアウトになった今村前復興相の辞任劇のことだ。福島原発事故に伴う自主避難者について「本人の責任。裁判でも何でもやればいい」と冷たく言い放ち、フリー記者にブチ切れた時点で、復興相の資質がないことは明らかだった。

 それでも安倍首相は擁護し続け、結局、墓穴を掘ったわけだが、今村個人だけでなく、あんな男を大臣に任命し、庇い続けた安倍首相の責任こそ問われるべきである。

 ところが、表面的には平身低頭の安倍も自民党も、隠れて舌を出している。資質ゼロなら、稲田防衛相や金田法相、山本地方創生相、鶴保沖縄北方相ら辞めさせるべき閣僚は他にもいるのに、嵐が過ぎるのを待てば大丈夫と思っている。

 コラムニストの小田嶋隆氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る