ブランドオフと資本提携 大黒屋HDが狙うグローバル展開

公開日:

 日本国内外でブランド中古品買い取り販売業および質事業を展開する業界2位の大黒屋ホールディングス(6993・東証2部)が、業界3位のブランドオフと資本業務提携に関する覚書を締結した。

 この提携で、国内店舗は50店舗超、年間の売上高実績は単純合算で400億円規模になり、業界トップクラスの規模に達する。

 今回の経営統合のポイントは、国内でトップの地盤を固めることよりも、大黒屋ホールディングスが目指すブランド中古品買い取り販売事業でグローバル展開していくことが最大の目的だ。そして、そのグローバル展開には、大黒屋ホールディングスのビジネスパートナーである中国最大の金融グループCITICの存在感も大きくなってくる。

 大黒屋ホールディングスでは先に、CITICとの資本業務提携関係の強化、社内組織体制の整備を実施している。一部のグループ企業の株式併合を進め、大黒屋ホールディングスの100%子会社「エスビーオー」(SBO)にCITICが30%出資することで合意済みで、大黒屋ホールディングスとCITICのパートナー関係の構図は第1段階として完成する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る