• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二木・二木正人社長<4>プライベートブランドを武器に成長

二木の二木正人社長(C)日刊ゲンダイ

 二木の菓子はかつて、安さの代名詞にもなっていた。

「高度経済成長の時代には、安さを前面に出して薄利多売の商売をしていました」

 実は、お菓子業界は驚くほど薄利で、利益がたった1%ともいわれている。1万円を売り上げても、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事