高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

激動を振り返る 悲劇の金融危機で「平成」締めくくるのか

公開日: 更新日:

 天皇退位の日程が「再来年4月30日」に決定した。改めて「平成」を振り返ると、激動の時代だったなと痛感させられる。

 冷戦が終わり、バブル景気がピークを迎えた頃に改元し、すぐさま、バブルは崩壊。その後はデフレが延々続き、「失われた10年」は「20年」へと延びていった。

 天変地異も吹き荒れた。平成2年には長崎県の雲仙普賢岳が198年ぶりに噴火。平成12年には北海道の有珠山が大爆発し、真っ二つに割けた。平成26年には長野・岐阜両県境の御嶽山が噴火し、死者58人、行方不明者5人という戦後最悪の火山災害となった。

 この間、平成7年には死者6434人の阪神・淡路大震災に見舞われ、平成16年に新潟県中越地震、平成20年に岩手・宮城内陸地震などM7級の巨大地震が続発した。そして平成23年にはM9の東日本大震災が発生。1万5000人以上が犠牲となり、今なお2500人超が行方不明のままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る