近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

北京モーターショーの主役を奪った「Apollo」の存在感

公開日:

 昨年の販売台数2887万台。世界最大の自動車市場の中国の首都で、4日まで「北京モーターショー」が開かれている。

 東京ドーム4個半分の22万平方メートルの展示スペースに、国内外のメーカー約1200社が1000種類を超える新型モデルを展示。中国のネット上では連日、「動画記者」が朝から夕方まで会場を練り歩き、リアルタイムで新型モデルの特徴などを伝え、中国全土の「車迷」(モーターファン)たちは、多種多様なEV(電気自動車)の新車に見入っている。

「動画」で気になったのが、中国第一汽車集団、奇瑞汽車など、多くの自動車メーカーの看板の上に「Apollo」というロゴマークが付いていることだ。これは、「中国のグーグル」ことバイドゥ(百度)が昨年7月に立ち上げた「アポロ・プラットフォーム」への参加を意味する。

 アポロ計画といえば、1960年代にNASA(米航空宇宙局)が初めて月面着陸を成功させたものだが、バイドゥは2020年末までに世界に先駆けて完全な自動運転車を完成させるという「21世紀のアポロ計画」を進行中なのだ。具体的には、AIによる自動運転、車内のAI化、EV用電池、そしてナビゲーションシステムの4分野で、次世代の覇権を握ろうというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る