有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

セブン&アイHD 鈴木天皇の辞任<下>“鈴木家の世襲”を告発

公開日:

「弊社は、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(HD)の井阪隆一氏を経営から外し、株式会社セブン―イレブン・ジャパンの代表取締役社長最高執行責任者(COO)の職を解く噂を耳にし、大きな懸念を持っております。(中略)鈴木(敏文)会長が御子息である鈴木康弘氏を将来のセブン―イレブン・ジャパン社長に、そして、やがてはセブン&アイHDのトップに就ける道筋を開くという別の噂を耳にしています。この噂が真実だとすれば、鈴木会長のトップとしての適性と判断力に重大な疑問が生じ、会長が御グループのために的確な判断を下しているのかどうかが疑われることになります」

 大株主で「物言う株主」として知られる米ヘッジファンド、サード・ポイントのダニエル・ローブ最高経営責任者(CEO)は16年3月27日(米国時間)、セブン&アイHDの取締役会に書簡を送り、書簡は公開された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る