• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

セブン&アイHD 鈴木天皇の辞任<下>“鈴木家の世襲”を告発

「弊社は、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(HD)の井阪隆一氏を経営から外し、株式会社セブン―イレブン・ジャパンの代表取締役社長最高執行責任者(COO)の職を解く噂を耳にし、大きな懸念を持っております。(中略)鈴木(敏文)会長が御子息である鈴木康弘氏を将来のセブン―イレブン・ジャパン社長に、そして、やがてはセブン&アイHDのトップに就ける道筋を開くという別の噂を耳にしています。この噂が真実だとすれば、鈴木会長のトップとしての適性と判断力に重大な疑問が生じ、会長が御グループのために的確な判断を下しているのかどうかが疑われることになります」

 大株主で「物言う株主」として知られる米ヘッジファンド、サード・ポイントのダニエル・ローブ最高経営責任者(CEO)は16年3月27日(米国時間)、セブン&アイHDの取締役会に書簡を送り、書簡は公開された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る