豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

公開日: 更新日:

 建物内に浮遊する「黒い粉塵」から高濃度の有害物質が検出され、大問題となっている豊洲市場。東京都が粉塵除去のための清掃で重大ミスを犯し、仲卸店舗内が汚染水まみれになっていたことが分かった。

 都は13日午後、5階建ての仲卸売場棟を移動するターレ(小型トラック)のスロープにたまった粉塵などの清掃を実施。水圧で汚れを除去する高圧洗浄機を使用した結果、水がスロープにある排水溝からあふれ、1階にある仲卸店舗の天井から染み出し、床や壁が水浸しになってしまったのだ。都に問い合わせるとこう答えた。

「排水溝の『フタ』を開け忘れてしまった結果、水があふれ出し仲卸店舗に染み出してしまった」(豊洲市場管理課)

 13日中に水浸しになった店舗内の拭き掃除を実施し、乾燥機で乾かしたことで営業への悪影響はなかったという。しかし、天井から染み出した水には黒い粉塵が含まれている恐れがある。粉塵からは肺炎、気管支炎、生殖障害などを引き起こす高濃度のアンチモンなど、有害物質が検出されているから大問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る