市場騒然の“米中リスク”が日本直撃 円高株安どこまで進む

公開日: 更新日:

 市場では不安の声が上がっている――。26日、米中貿易戦争への懸念から日経平均株価の下げ幅が一時前週末比500円を超え、円相場は海外市場で1月以来となる1ドル=104円台に上昇。株価の終値は前週末比449円87銭安の2万261円04銭まで下落し、終値ベースで約7カ月半ぶりの安値をつけた。

 2万円の大台割れに近づいた株価急落と突然の円上昇に市場は騒然としている。円高、株安はこの先、どこまで進んでしまうのか。

「いま、円高の抵抗ラインとなっているのが、今年1月につけた1ドル=104円です。今回も1ドル=104円に突入すると、もみ合いとなった。しかし、104円を突破した場合、次の抵抗ラインは一気に100円台となる。為替取引のボリュームゾーンがちょうど101~100円なのです。104~101円の間の取引量は少ない。それだけに、104円を割った途端、取引のボリュームゾーンを抜けて100円台まで円高が進むとみられます」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  2. 2

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  3. 3

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  10. 10

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る