立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

公開日: 更新日:

 安倍総理のこの説明は、共産党が指摘した「桜を見る会」の問題を野党が結束して追及した結果として行われたのだろう。その野党の追及は評価すべきだと思う。その一方で、野党の対応に疑問を感じる点がある。安倍総理に国会での説明を求めている点だ。

 これは安倍総理を擁護するために言っているわけではない。安倍総理に問うたところで、はぐらかしの答弁を繰り返すことは目に見えているからだ。それでも野党はなぜ安倍総理の出席を求めるのか? 総理大臣を追及する姿を見せたいという支持者向けのポーズにしか思えない。そして、それでは真相の究明はできない。この際、そうした有権者向けのポーズは捨ててもらいたい。本当に話をきかなければいけないのは、パーティーを仕切った安倍総理の事務所の担当者であり、それに対応したホテルの担当者だろう。そうでなければ、事実はわからない。もちろん、公開でなくてもいいし、国会議員が調査に出向くのも手だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る