保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。本連載「日本史 縦横無尽」が新書版「陰謀の日本近現代史」(朝日新聞出版)として好評発売中。

狂暴化した警官隊は暴力団と共謀して女子学生を撲殺した

公開日: 更新日:
樺美智子さんが犠牲となった場所に黙とうを捧げる全学連(1960年6月16日、国会南通用門)/(C)共同通信社

 6月16日から17日にかけて、日本社会には声明が氾濫した。政府、各政党、財界、労働組合、文化団体、大学、そして新聞社までもが声明を出した。樺美智子さんの死はそれほど大きな衝撃を与えたのである。

 政府の声明は安保反対デモを国際共産主義の陰謀と言い切…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る