公明・山口代表「自民ぐずぐず」発言でブーメラン 抜け穴法案にスリ寄り《政治不信を高めた与党》指摘の当然

公開日: 更新日:

《こういう言動を二枚舌という》《まるで他人事のように言っているが、違うぞ》

 公明党山口那津男代表(71)が9日、沖縄・那覇市で街頭演説に立った際、派閥の政治資金パーティーの裏金事件を巡る自民党の対応を批判したと報じられ、SNSなどで異論の声が広がっている。

 山口氏はこの日、自民の政治資金規正法改正への取り組みの遅れたことが、4月の衆院3補選や静岡県知事選などでの自民推薦候補の敗北につながったとの認識を示し、「自民が具体策を出さずぐずぐずし、補選、知事選と負け続けた。国民の政治不信の強さを表している」と指摘した。

■公明は「ザル法」「裏金維持法」などと揶揄されている自民案に同調したが…

 裏金事件に対する真相究明も真摯な反省もない上、規正法改正の具体案の提示も遅かったことが政治不信に表れている―― 山口氏の心情を要約すればこういうことだろうか。法曹資格を持つ政治家の意見として正論だが、であればなぜ公明は「ザル法」「裏金維持法」などと揶揄されている自民の規正法改正案に同調したのか。

■関連キーワード

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白