星野監督vs落合GM 井端ら補強巡り“全面戦争”へ

公開日: 更新日:

 全盛時に比べれば、確かに井端の力は衰えた。それでも芸術的ともいえる右打ちや内野守備は、選手層の薄い楽天なら戦力になる。落合GMによる遺恨から再起のモチベーションも高いはずだ。

<星野色一掃>

 そもそも、「星野と落合」、互いに嫌悪感を持っているといわれている。

 04年、正式な指導者経験がないまま中日監督になった落合GMは、コーチ全員を集めると「いかなる理由があっても選手に手を上げない」という誓約書を書かせた。

「ここの選手は殴られて恐怖心で野球をやっている」と体罰禁止令を打ち出した。「鉄拳制裁」が代名詞だった星野流を「誤った指導法」と断じたのである。

 さらにオレ流監督の1年目はトレードを凍結。目立った補強は元横浜投手のグスマンだけに抑えながら、いきなりリーグ優勝を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  7. 7

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る