欧米勢は奇異の目 “金満”日本の「サポートハウス」がソチ五輪にも

公開日: 更新日:

 選手の間では好評だ。昨年のロンドン五輪で史上最多の38個のメダルを獲得した日本選手団。現地で選手たちを支えた「マルチサポートハウス」が、ソチ五輪の代表選手も後方支援する。

 このハウスには、選手の疲労回復のための高気圧酸素カプセルなどの最新機器や入浴場、トレーニング室、用具整備室などが常備され、トレーナー、医師も常駐。日本食を提供し、栄養士や通訳、情報分析スタッフもいるので細かいサポートをしてくれる。

 ロンドン五輪の選手村にあるレストランは24時間営業。地元の英国、カリブ海、インド、中国料理などを取りそろえていたが味はイマイチ。多くの日本選手は和食を求めてサポートハウスに向かった。その数、1日平均約150人。選手村に入った22競技のうち、20競技の選手が訪れ、その数は延べ4217人にも上った。

■日本人同士でかたまる弊害

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る