欧米勢は奇異の目 “金満”日本の「サポートハウス」がソチ五輪にも

公開日:  更新日:

 選手の間では好評だ。昨年のロンドン五輪で史上最多の38個のメダルを獲得した日本選手団。現地で選手たちを支えた「マルチサポートハウス」が、ソチ五輪の代表選手も後方支援する。

 このハウスには、選手の疲労回復のための高気圧酸素カプセルなどの最新機器や入浴場、トレーニング室、用具整備室などが常備され、トレーナー、医師も常駐。日本食を提供し、栄養士や通訳、情報分析スタッフもいるので細かいサポートをしてくれる。

 ロンドン五輪の選手村にあるレストランは24時間営業。地元の英国、カリブ海、インド、中国料理などを取りそろえていたが味はイマイチ。多くの日本選手は和食を求めてサポートハウスに向かった。その数、1日平均約150人。選手村に入った22競技のうち、20競技の選手が訪れ、その数は延べ4217人にも上った。

■日本人同士でかたまる弊害

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る