• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNA2位の平田真吾 “ホタルの里”から横浜の星へ

 九州への玄関口として知られる山口県下関市。本州最西端に位置する漁港の町は関門海峡を行き来する船で賑わいを見せる。内陸部に目を移せば広大な山々や田園風景が広がる町も多い。平田が生まれた豊田町も下関市中心部から車でおよそ1時間離れた山間部にある。鉄道すら走っていない過疎化が進む集落の一角だった。

「昔は若い子もいましたが、真吾が小学校に入った頃から急速に人口減が進みまして。見ての通り山と畑以外、特別なものは何もありませんからね」
 現在、中国電力の検針員として働きながらこの地に暮らす母・芳江さん(53)は寂しそうに話す。

 下関市豊浦総合支所の農林課に務める父・久治さん(55)と芳江さんが住む自宅は55坪2階建ての一軒家。平成9年に建て替えられた。1階はリビングと和室2部屋、2階には6畳の部屋が3つある。数年前までは長男・祐一さん(28)、次男・研二さん(26)が住んでいた。2人が独立した後の家は閑散としているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る