DeNA2位の平田真吾 “ホタルの里”から横浜の星へ

公開日: 更新日:

 九州への玄関口として知られる山口県下関市。本州最西端に位置する漁港の町は関門海峡を行き来する船で賑わいを見せる。内陸部に目を移せば広大な山々や田園風景が広がる町も多い。平田が生まれた豊田町も下関市中心部から車でおよそ1時間離れた山間部にある。鉄道すら走っていない過疎化が進む集落の一角だった。

「昔は若い子もいましたが、真吾が小学校に入った頃から急速に人口減が進みまして。見ての通り山と畑以外、特別なものは何もありませんからね」
 現在、中国電力の検針員として働きながらこの地に暮らす母・芳江さん(53)は寂しそうに話す。

 下関市豊浦総合支所の農林課に務める父・久治さん(55)と芳江さんが住む自宅は55坪2階建ての一軒家。平成9年に建て替えられた。1階はリビングと和室2部屋、2階には6畳の部屋が3つある。数年前までは長男・祐一さん(28)、次男・研二さん(26)が住んでいた。2人が独立した後の家は閑散としているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る