• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日ドラ3桂依央利を支えた“女手ひとつ”母の愛情弁当

「早いときは朝5時前には起きてお弁当を作り、朝8時半に仕事で家を出る。息子(依央利)が高校に行っていた頃は、睡眠時間は1日4~5時間くらいでした。でもおかげさまで、体だけは丈夫なんですよ(笑い)」
 桂依央利の母・きくみさん(51)はこう言って笑顔を見せる。

 中学時代にバレーボールをやっていたというきくみさんは、桂によると「身長は172センチくらいある」という。母の遺伝子を受け継いだのか、桂はすくすくと育ち、本格的に野球に取り組み始めた中学の頃には、170センチにまで成長。高校3年間でさらに15センチ伸びた。きくみさんが言う。

「大学に入るまでは背が高くても、体は細かったですね。70キロちょっとくらいでしたかね。食べるのが苦手というか、白米は普通の大きさのお茶碗1杯ほど。せっかく体重が増えたなと思っても、風邪をひいたりして体調を崩すと、すぐに元に戻る。寝る前に無理やり食べたりして頑張ってました。大学4年間でようやく今の体重(83キロ)になった感じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る