マー君争奪戦 レッドソックス「後出しジャンケン」の打算

公開日:  更新日:

 田中将大(25)の獲得に、あの名門球団が動き出した。

 一度は応札すらせずに田中争奪戦への参加を見送るとみられていた昨季のチャンピオンチームが水面下で田中サイドと接触を図っていたというのだ。レッドソックスのベン・チェリントンGMが10日(日本時間11日)、ボストンのラジオ局「WEEI’S」のインタビューに応じ、すでに田中の代理人であるケーシー・クロースと接触を図ったと明かした。これまで田中を調査してきたことを認め「タナカの投手としての力量を高く評価している。優秀なメジャーの先発投手になるのは間違いないだろう」と話した。

 同GMは今後の交渉スケジュールについて「(田中は)多くのチームと接触しているので、日程の都合がつくかどうかわからない」とはぐらかした。

 レッドソックスの先発陣の陣容はすでに固まっている。レスター、バックホルツの左右の両エースを筆頭に先発が務まる投手は6人と飽和状態だ。その上、田中を獲得すれば、既存戦力の放出は避けられないため、早々と撤退したと言われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る