「阪神の呉昇桓は林昌勇より下」…韓国球界関係者が語る根拠

公開日:  更新日:

「呉昇桓は林昌勇より活躍できる? いや、林には及ばないと思う」

 阪神の新助っ人・呉昇桓(31)について、某韓国球界関係者がこんなことを言っている。

 呉は現在、米グアムで韓国人助っ人の先輩に当たる前ヤクルトで現カブスの林昌勇(37)と合同自主トレを行っている。呉は内容は明かさなかったが、同じ抑え投手として、日本通算128セーブを挙げた林から成功の秘訣や、宿敵である巨人の対策を熱心に聞き出しているという。

 韓国では呉が「石直球」、林は「蛇直球」と称されるように、ともに切れ味鋭い直球が武器。林からのアドバイスは、日本でプレーするに当たって大いに役立つことだろう。

「ただ、呉と林を比較したとき、林にはあって呉にはないものがある。そこが心配の種」


 とは、冒頭の韓国球界関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る