W杯17勝も ソチまで持つのか、高梨沙羅の「気力」「体力」

公開日:  更新日:

 休むヒマもない。
 19日、ノルディックスキーW杯ジャンプ女子蔵王大会で、高梨沙羅(17)が今季8度目の優勝。W杯通算17勝は男子の葛西紀明(41)を抜き、日本人最多勝だ。

 2日続けて途中打ち切りとなる猛吹雪の中、ソチのジャンプ台と同じ形状の助走路を制覇。

「記録は考えていない。もっともっとレベルアップできるように頑張ります」

 と話した高梨は今シーズンだけで5大会、9試合に出場。今後もソチ五輪まで欧州を転戦するなど、6試合に出場する。絶え間ない実戦と長距離移動で五輪本番まで体力と集中力は続くのか。

 旧ユーゴスラビアの元ナショナルスキーチームのコーチで運動生理学が専門の平山昌弘氏は、「まったく問題ありませんよ」とこう言う。


「ジャンプに限らずスキーという種目は、11月末から3月までのシーズンを通じて世界各地を転戦する。五輪はあくまで、その中のひとつの大会という位置づけです。もともと試合数は多く、長距離移動も日常茶飯事。試合が終わったその日に車で400キロの移動も普通なのです。私の経験ですが、カルガリー五輪が終わってバンクーバーでW杯、さらにその翌週は札幌で試合ということもありました。1000キロの移動すらも決して珍しくない。選手もそうした移動や試合数に慣れているので、それでバテるような選手はそもそも期待ができません」

 高梨は昨シーズンも北欧、東欧、ロシア、日本などを転戦し、W杯だけで13試合に出場して、8勝を挙げている。

 ソチでも心配はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る