W杯17勝も ソチまで持つのか、高梨沙羅の「気力」「体力」

公開日:  更新日:

 休むヒマもない。
 19日、ノルディックスキーW杯ジャンプ女子蔵王大会で、高梨沙羅(17)が今季8度目の優勝。W杯通算17勝は男子の葛西紀明(41)を抜き、日本人最多勝だ。

 2日続けて途中打ち切りとなる猛吹雪の中、ソチのジャンプ台と同じ形状の助走路を制覇。

「記録は考えていない。もっともっとレベルアップできるように頑張ります」

 と話した高梨は今シーズンだけで5大会、9試合に出場。今後もソチ五輪まで欧州を転戦するなど、6試合に出場する。絶え間ない実戦と長距離移動で五輪本番まで体力と集中力は続くのか。

 旧ユーゴスラビアの元ナショナルスキーチームのコーチで運動生理学が専門の平山昌弘氏は、「まったく問題ありませんよ」とこう言う。


「ジャンプに限らずスキーという種目は、11月末から3月までのシーズンを通じて世界各地を転戦する。五輪はあくまで、その中のひとつの大会という位置づけです。もともと試合数は多く、長距離移動も日常茶飯事。試合が終わったその日に車で400キロの移動も普通なのです。私の経験ですが、カルガリー五輪が終わってバンクーバーでW杯、さらにその翌週は札幌で試合ということもありました。1000キロの移動すらも決して珍しくない。選手もそうした移動や試合数に慣れているので、それでバテるような選手はそもそも期待ができません」

 高梨は昨シーズンも北欧、東欧、ロシア、日本などを転戦し、W杯だけで13試合に出場して、8勝を挙げている。

 ソチでも心配はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る