日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅田真央が3月世界選手権に “真の女王”は埼玉で決まる?

 涙のフリー演技から一夜明けた浅田真央。22日のエキシビション(日本時間23日午前1時半)に向けての練習で再びリンクに姿を見せた。

 戦いが終わった選手たちからは笑顔が絶えず、終始なごやかなムード。真央は高橋大輔とペアを組んで滑った。会場を後にする際には、世界選手権(3月・埼玉)に出場すると明言。

「ソチ五輪をスケート人生の集大成にしたい」と語っていた真央は、この大会が最後の国際大会になるかもしれない。

 20日のフリー演技では今季初めてトリプルアクセルが成功。代名詞の大技が決まれば高得点につながることを証明してみせた。

「すべての金メダルを取りたい」という新女王・ソトニコワも世界選手権に出る。キム・ヨナは五輪を最後にリンクを去る。不可解な高得点で「疑惑の金メダル」といわれるソトニコワとの再戦が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事