日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子アマゴルフ注目の森田遙をめぐる日中“国籍争奪戦”

「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントで優勝した一ノ瀬優希が「距離感がものすごくいい。“アマチュアじゃないね”とキャディーさんと話をしていた」と、そのプレーぶりに舌を巻いたのが同組で回ったアマチュアの森田遥(17)だ。

 本大会、アマチュアで初めて決勝進出。そして、最終日は勝った一ノ瀬と同じ67(5バーディー、ノーボギー)で回り、通算6アンダー3位フィニッシュ。もう少しで女子ツアー史上4人目のアマ優勝だったのだ。

 両親は中国人で元卓球選手。卓球指導のため来日して、森田は日本生まれ。日本語ぺらぺらの高校2年生だ。

 2009年大王製紙エリエールで歴代3位の年少予選通過し、昨年は日本女子アマ選手権に優勝。

 現在、日本アマチュアゴルフランキング2位につけている。プロ大会に何度も出場しており、今大会がベスト成績。「30歳までに世界チャンピオンになる」ことを目標に、近い将来にプロ転向を視野に入れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事