日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(7)“オレ様”スタイルに磨きをかける

「一番のヘタクソ」が白い目を無視して作り上げたスタイル

 関西のエリート集団「ガンバ大阪ジュニアユース」の中で本田の立ち位置は、そもそも下から数えた方が早かった。それどころか、「ウチで一番ヘタクソなんは誰や?」という話題になると名前が挙がることも珍しくなかった。

 プロ予備軍のジュニアユースで「ヘタクソ」は致命的である。中学生年代のメンタルは、今も昔も、もろくてはかない。深く悩み、傷ついた本田だが、監督やコーチに向かって「どうすれば上手になれるんや?」と涙ながらに聞いて回るということは一切なかった。

 むしろ悲愴(ひそう)感もなく、自信満々だった。急激な体の成長によって肉体と精神のバランスを崩す「クラムジー」の影響で、動きたくても動けない。その中で出来ることを懸命に探した。

「走れないなりにパスの精度、キックの正確性を高めればいい。オレの蹴ったボールでチームメートを動かせばいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事