• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(7)“オレ様”スタイルに磨きをかける

「一番のヘタクソ」が白い目を無視して作り上げたスタイル

 関西のエリート集団「ガンバ大阪ジュニアユース」の中で本田の立ち位置は、そもそも下から数えた方が早かった。それどころか、「ウチで一番ヘタクソなんは誰や?」という話題になると名前が挙がることも珍しくなかった。

 プロ予備軍のジュニアユースで「ヘタクソ」は致命的である。中学生年代のメンタルは、今も昔も、もろくてはかない。深く悩み、傷ついた本田だが、監督やコーチに向かって「どうすれば上手になれるんや?」と涙ながらに聞いて回るということは一切なかった。

 むしろ悲愴(ひそう)感もなく、自信満々だった。急激な体の成長によって肉体と精神のバランスを崩す「クラムジー」の影響で、動きたくても動けない。その中で出来ることを懸命に探した。

「走れないなりにパスの精度、キックの正確性を高めればいい。オレの蹴ったボールでチームメートを動かせばいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る