本田圭佑「虚像と実像」(7)“オレ様”スタイルに磨きをかける

公開日: 更新日:

「一番のヘタクソ」が白い目を無視して作り上げたスタイル

 関西のエリート集団「ガンバ大阪ジュニアユース」の中で本田の立ち位置は、そもそも下から数えた方が早かった。それどころか、「ウチで一番ヘタクソなんは誰や?」という話題になると名前が挙がることも珍しくなかった。

 プロ予備軍のジュニアユースで「ヘタクソ」は致命的である。中学生年代のメンタルは、今も昔も、もろくてはかない。深く悩み、傷ついた本田だが、監督やコーチに向かって「どうすれば上手になれるんや?」と涙ながらに聞いて回るということは一切なかった。

 むしろ悲愴(ひそう)感もなく、自信満々だった。急激な体の成長によって肉体と精神のバランスを崩す「クラムジー」の影響で、動きたくても動けない。その中で出来ることを懸命に探した。

「走れないなりにパスの精度、キックの正確性を高めればいい。オレの蹴ったボールでチームメートを動かせばいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る