日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(9)友人宅に上がり込み食い尽くす

 ピッチ内では「ヘタクソ」。ピッチ外では「傍若無人」。ガンバ大阪ジュニアユースのチームメートの大半が、本田への“対応”に頭を抱えるようになった。

 連れ立ってカラオケに行く。本田はマイクを離さず、大好きなラルクアンシエルの歌を何度も何度も熱唱。周囲から「おい、ええかげんに代わらんか!」と怒鳴られても聞く耳を持たない。

 両親が離婚し、親代わりの祖父母は朝から夜遅くまで働き通し。練習後、家に帰っても食事にありつけないことは日常茶飯事だった。外食するような金銭的な余裕もない。窮余の一策は、チームメートの「自宅訪問」だった。

 ジュニアユースの練習が終わると、決まってめぼしい仲間を捕まえる。
「おまえんちで晩メシ食ってもええか?」

 そう持ちかけOKが出ると、鋭い眼光をニヤリとさせ、そそくさと友人宅に転がり込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事