• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(9)友人宅に上がり込み食い尽くす

 ピッチ内では「ヘタクソ」。ピッチ外では「傍若無人」。ガンバ大阪ジュニアユースのチームメートの大半が、本田への“対応”に頭を抱えるようになった。

 連れ立ってカラオケに行く。本田はマイクを離さず、大好きなラルクアンシエルの歌を何度も何度も熱唱。周囲から「おい、ええかげんに代わらんか!」と怒鳴られても聞く耳を持たない。

 両親が離婚し、親代わりの祖父母は朝から夜遅くまで働き通し。練習後、家に帰っても食事にありつけないことは日常茶飯事だった。外食するような金銭的な余裕もない。窮余の一策は、チームメートの「自宅訪問」だった。

 ジュニアユースの練習が終わると、決まってめぼしい仲間を捕まえる。
「おまえんちで晩メシ食ってもええか?」

 そう持ちかけOKが出ると、鋭い眼光をニヤリとさせ、そそくさと友人宅に転がり込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る