本田圭佑「虚像と実像」(9)友人宅に上がり込み食い尽くす

公開日: 更新日:

 ピッチ内では「ヘタクソ」。ピッチ外では「傍若無人」。ガンバ大阪ジュニアユースのチームメートの大半が、本田への“対応”に頭を抱えるようになった。

 連れ立ってカラオケに行く。本田はマイクを離さず、大好きなラルクアンシエルの歌を何度も何度も熱唱。周囲から「おい、ええかげんに代わらんか!」と怒鳴られても聞く耳を持たない。

 両親が離婚し、親代わりの祖父母は朝から夜遅くまで働き通し。練習後、家に帰っても食事にありつけないことは日常茶飯事だった。外食するような金銭的な余裕もない。窮余の一策は、チームメートの「自宅訪問」だった。

 ジュニアユースの練習が終わると、決まってめぼしい仲間を捕まえる。
「おまえんちで晩メシ食ってもええか?」

 そう持ちかけOKが出ると、鋭い眼光をニヤリとさせ、そそくさと友人宅に転がり込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  4. 4

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る