日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(8)同級生が「裏口で入ったんか?」

一番ヘタクソなのに態度はエース

 同じ誕生日の天才サッカー選手がいた。

 1986年6月13日生まれの家長昭博(現大宮FW)は、ガンバ大阪のジュニアユースの中でも絶対的エースとして君臨していた。スピード、技術、スキルとすべて一枚も二枚も上。同じ日に生まれたからこそ、家長との厳然たるレベル差が際立った。しかし、本田は萎縮するどころか、ピッチの内外で《本田スタイル》を貫き通した。

「オレは足元にボールをもらい、そこからドリブルを仕掛けたいんや。相手の裏じゃない。足元にボールが欲しいんや」

 胸を張って堂々とポジショニングの指示を出し、欲しいタイミングでパスが来ないと不満を漏らす。

 ジュニアユースでチームメートだった與(あたえ)貴行(現G大阪ジュニアユースコーチ)が、同期の気安さもあってフランクにこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事