フランス初戦快勝 南アの悪夢とエース離脱の不安を払拭

公開日:  更新日:

 とりあえず「南アの悪夢」は払拭できた。ホンジュラスに3-0と快勝したフランスは、前回南ア大会で1分け2敗と惨敗。1勝もできずにグループリーグで姿を消している。大会期間中に当時のドメネク監督と選手が衝突。指揮官に「クソ野郎」と暴言を吐いたFWアネルカが代表を追放され、これに反発した選手が練習をボイコットするなど、世界中に醜態をさらした。以降、内紛とスキャンダルが続発し、代表は弱体化。FIFAランキングは一時、過去最低の27位まで転落した(現在は17位)が、12年に就任したデシャン監督の下、生まれ変わった新生フランスが上々の滑り出しである。

 前半45分。先制のPKを決めた背番号10のFWベンゼマ(26)が、後半3分にMFカバイの右からのクロスに反応した。左足ボレーで合わせたシュートはゴール右ポストを直撃。跳ね返ったボールをホンジュラスGKバジャダレスが取り損ない、これがオウンゴールになった。この2点目は今大会から導入されている、14台の高速カメラでゴールラインを割っているかを判定する「ゴールラインテクノロジー」が初めて適用された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る