アルゼンチン戦はマジック尽き…「ファンハール采配」の限界

公開日: 更新日:

 決勝トーナメント1回戦までに12ゴールの攻撃力を誇っていたオランダだが、前回のコスタリカ戦に続いて、アルゼンチン戦もノーゴール。2トップのファンペルシーとロッベンが、人数をかけて守りを固めてきたアルゼンチンに封じ込まれた。

 とりわけ、ここまで3ゴールのロッベンは、ボールを持つと常に2人からマークされ、ほとんどフリーでボールを持てない。見せ場といえば、後半に爆発的なスピードで3人をかわしてペナルティーエリア深くまで進入した場面や、右サイドからカットインして強烈なミドルシュートを放ったシーンぐらいだった。ドイツサッカー協会公認S級指導者の鈴木良平氏は言う。

「今大会のオランダは本来の攻撃的な『4(DF)―3(MF)―3(FW)』というシステムをやめ、まず5バックでしっかり守ってから、手数をかけずに前線のロッベンとファンペルシーに任せるカウンター攻撃で勝ち上がってきました。しかし、得点パターンがそれしかなかったことが、決勝まで進めなかった要因です。この日のアルゼンチンのように人数をかけて守りを固められると、ゴール前のスペースがないため、そうそうカウンターは成功しません。そうなると、トップ下のスナイデルからゴール前に入るラストパスぐらいしか攻め手がない。これでは相手は崩せません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

  2. 2
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  3. 3
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  4. 4
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

  5. 5
    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

もっと見る

  1. 6
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 7
    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

  3. 8
    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

  4. 9
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  5. 10
    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化

    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化