アルゼンチン戦はマジック尽き…「ファンハール采配」の限界

公開日: 更新日:

 決勝トーナメント1回戦までに12ゴールの攻撃力を誇っていたオランダだが、前回のコスタリカ戦に続いて、アルゼンチン戦もノーゴール。2トップのファンペルシーとロッベンが、人数をかけて守りを固めてきたアルゼンチンに封じ込まれた。

 とりわけ、ここまで3ゴールのロッベンは、ボールを持つと常に2人からマークされ、ほとんどフリーでボールを持てない。見せ場といえば、後半に爆発的なスピードで3人をかわしてペナルティーエリア深くまで進入した場面や、右サイドからカットインして強烈なミドルシュートを放ったシーンぐらいだった。ドイツサッカー協会公認S級指導者の鈴木良平氏は言う。

「今大会のオランダは本来の攻撃的な『4(DF)―3(MF)―3(FW)』というシステムをやめ、まず5バックでしっかり守ってから、手数をかけずに前線のロッベンとファンペルシーに任せるカウンター攻撃で勝ち上がってきました。しかし、得点パターンがそれしかなかったことが、決勝まで進めなかった要因です。この日のアルゼンチンのように人数をかけて守りを固められると、ゴール前のスペースがないため、そうそうカウンターは成功しません。そうなると、トップ下のスナイデルからゴール前に入るラストパスぐらいしか攻め手がない。これでは相手は崩せません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る