アルゼンチン戦はマジック尽き…「ファンハール采配」の限界

公開日: 更新日:

 決勝トーナメント1回戦までに12ゴールの攻撃力を誇っていたオランダだが、前回のコスタリカ戦に続いて、アルゼンチン戦もノーゴール。2トップのファンペルシーとロッベンが、人数をかけて守りを固めてきたアルゼンチンに封じ込まれた。

 とりわけ、ここまで3ゴールのロッベンは、ボールを持つと常に2人からマークされ、ほとんどフリーでボールを持てない。見せ場といえば、後半に爆発的なスピードで3人をかわしてペナルティーエリア深くまで進入した場面や、右サイドからカットインして強烈なミドルシュートを放ったシーンぐらいだった。ドイツサッカー協会公認S級指導者の鈴木良平氏は言う。

「今大会のオランダは本来の攻撃的な『4(DF)―3(MF)―3(FW)』というシステムをやめ、まず5バックでしっかり守ってから、手数をかけずに前線のロッベンとファンペルシーに任せるカウンター攻撃で勝ち上がってきました。しかし、得点パターンがそれしかなかったことが、決勝まで進めなかった要因です。この日のアルゼンチンのように人数をかけて守りを固められると、ゴール前のスペースがないため、そうそうカウンターは成功しません。そうなると、トップ下のスナイデルからゴール前に入るラストパスぐらいしか攻め手がない。これでは相手は崩せません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る