申ジエ似といわれ…アン・ソンジュが母国で受けた“深い傷”

公開日: 更新日:

 さらにアンは、「日本でも外見を見ることは見る。でも、韓国ほどはひどくはない。礼儀を守って選手の個性を尊重する」とも述べている。

■日本ではスポンサー受けも抜群

 2005年にプロ転向したアンは韓国で7勝を挙げたのち、10年から日本ツアーに参戦。270ヤード以上も飛ばすドライバーと正確なショットやパッティングで同年から2年連続賞金女王になった。

「日本ツアーに参戦してからもアンは、『私が人気がないのは、可愛くないから』と自虐的に語ることもあった。ツアー1年目に髪の毛を赤く染めたのは、日本のファンに名前と顔を覚えて欲しかったからです。東日本大震災直後には、被災地へ1000万円の義援金を送り、韓国から日帰りで女子プロ協会による街頭募金活動にも参加。ツアー仲間も、まさかアンちゃんが参加するとは思っていなかったから驚いていました。大好きな名探偵コナンのアニメなどを見て日本語も一生懸命勉強し、インタビューもできるだけ日本語で答えるのでスポンサーのウケもいい。日本ツアーでは人気者です」(マスコミ関係者)

 日本の食事も大変気に入っており、米ツアーには興味がないというアン。ちょっと上位にくるとチヤホヤされる日本の女子プロが、かなう相手じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  3. 3

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る