W杯に続きコース建設遅延…リオ五輪でゴルフはできるのか

公開日: 更新日:

 やはり「大丈夫なのか」という声が大きくなってきた。

 東京五輪はちょうど6年後(7月24日)に開幕。その前にはリオ五輪がある。ブラジルW杯では競技施設や道路などの建設が大幅に遅れ、国際サッカー連盟のブラッター会長は開幕直前まで頭を抱えていた。それと同じことが2年後の五輪でも再現されそうなのだ。

 現地を何度も視察している国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長はリオ五輪の準備遅れについて「私がこれまで経験してきた中で最悪」と批判。中でも一番心配されているのが112年ぶりに五輪種目に復活するゴルフの開催コースだ。

 リオ郊外の沿岸部に建設されているコースは2013年3月に着工。当初の完成予定は今年9月だった。ところがW杯施設同様、工事は大幅に遅れ、コース内の芝張りが始まったのは今年5月からだ。あるゴルフ場の管理関係者がいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  3. 3

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  6. 6

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  7. 7

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  8. 8

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  9. 9

    東京マラソン追随か 新型肺炎拡大でスポーツ界がピリピリ

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る