錦織と全米オープン決勝争うチリッチ 「高速サーブ」進化の秘密

公開日:  更新日:

「198センチ(82キロ)もあるチリッチ選手のサーブは、これまでスピンがかかり過ぎて、体格のわりにスピードが足りませんでした。ところが、今年から現役時代に高速サーブを武器にしていた同じクロアチアのゴラン・イワニセビッチ氏の指導を受けてからフラット系に改善され、サーブがより強烈になったのです。錦織選手が勝機を見いだすには、相手の得意なサーブに対し、逆にリターンで攻めることです。もちろん錦織君のサーブも進化しています。勝負どころでサービスエースをしっかり取りたいですね」

 では錦織に優勝はあるのか。「それはわかりませんが、今の錦織はどんな状況に置かれても冷静さを失うことはない」と言うのは、現地で取材しているテニスジャーナリストの塚越亘氏だ。

「現在の錦織選手は、あらゆる状況を想定しながらプレーしています。メンタル面で成長したため、ゲームの流れが相手に傾いていても決して焦りません。正直、ジョコビッチには通用しないのでは思っていましたが、準決勝第3セットのタイブレークで4ポイント先取しながらジリジリと5-4まで追い上げられたときも、実に冷静。これも今の錦織を象徴しています。チャンコーチから食事の時にも数々の体験談を聞いているため、心の引き出しも増えているのです。世界トップのジョコビッチさえも慌てさせ、ミスを誘うほど、今の錦織は、技術、体力、メンタル、発想力が充実していることは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る