ブラサカ世界選手権 「過去最高6位」日本代表に足りないもの

公開日:  更新日:

 ブラインドサッカー世界選手権(東京・代々木競技場特設フットサルコート)が24日に閉幕し、日本代表は「5位決定戦」でパラグアイと対戦。惜しくもPK戦で敗れた。

 試合はパラグアイが攻撃を仕掛け、日本が体を張って必死に守るという展開。25分ハーフの前後半を戦ってスコアレスドローの後、PK戦(3人制)はサドンデスにもつれ、パラグアイの5人目が成功したところで勝負あった。

 5位は逃したが、世界大会過去最高の6位で大会を終えた。

 日本代表の奮闘もあって、世界選手権が開幕するとテレビを中心にメディアが連日、大きく取り上げてブラサカの知名度は一気に高まった。

 しかし、注目度がアップすると同時に優勝したブラジル、準優勝のアルゼンチン、3位決定戦を戦ったスペインと中国の4強とのレベル差がよりハッキリした格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る