日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バレー部員窃盗で東レ出場辞退 「連帯責任」はなぜまだ残る

 まだ、こんなことやっているのか。バレーボール、プレミアリーグ男子の東レは12日、所属選手の王金剛(30)が窃盗容疑で逮捕されたため、都内で開催中の全日本選手権の出場を辞退。同日に予定されていた豊田合成との準々決勝は中止となり、豊田合成がベスト4に進んだ。

 王容疑者は中国の遼寧省大連出身。高岡第一高から東海大へ進み08年に東レ入り。11年に帰化した197センチの長身セッターは、日本代表の一員でもある。

 王容疑者は10日夜、パチンコ店で男性客が置き忘れた財布から14万円を抜き取った姿が防犯カメラに映っており、本人も犯行を認めている。

 愚かなチームメートのおかげで、真面目な選手たちが連帯責任を取らされることになったわけだが、それにしても、こんな責任の取り方は時代錯誤ではないか。スポーツライターの工藤健策氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事