日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スポンサーが「NO」 アギーレ監督は明日にでもクビになる

 サッカー協会の幹部はそれでも、「アギーレ監督が(来年1月9日開幕の)アジア杯で指揮を執ることに変わりはない」(原専務理事)と言っている。自分たちの任命責任を問われることを恐れてか、この期に及んでまだ「いろいろな状況を考えながらやっている」「詳しい情報を仕入れている段階」とのらりくらり。八百長疑惑を告発されただけで、「日本代表監督の資格なし」との声が大勢を占めているにもかかわらず、積極的に事態の収拾に乗り出そうという動きは皆無である。

「スポーツマスコミも日に日に、無策! 当事者意識ゼロ! とサッカー協会への批判を強めていますが、自ら三顧の礼で招いたアギーレを灰色のまま解任するという選択肢は彼らにはない。事態を動かすとしたら、スポンサーです。サッカー日本代表にはキリン、アディダスを筆頭に主要企業11社が莫大なサポート資金を出している。今年の5月にはキリングループが8年総額200億円で日本代表公式パートナー契約を更新。次いで11月にはアディダスがこちらも8年間で総額250億円という破格条件で契約を延長した。その他、アウディやみずほ、JALやコナミなどの主要スポンサーとの契約で年間50億円といわれるカネが協会に入っている。これなしには協会は立ち行きません」(サッカー記者)

 スポンサーが声を揃えて「NO」と言えば、アギーレは明日にでもクビになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事