• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテ、ハムとも金銭補償に ヤクルト選手なぜ敬遠された?

 これじゃあ来季も期待できないか。

 今オフ、珍しくFA補強を行ったヤクルト。ロッテからは成瀬(29)を、日本ハムからは大引(30)を獲得した。FA選手を取れば次に来るのは補償。有力選手を取られないようにと人的補償リストの作成は気を使うものだ。

 が、25日にロッテと日本ハムはいずれも金銭補償を発表。人的補償がなければ今季の年俸の6割をもらえる。ロッテは8640万円、日ハムは4200万円を手にすることになる。

 今季最下位のヤクルトは12球団中2位のチーム打率.279を誇りながら、チーム防御率4.62は同ワースト。めぼしい野手はプロテクトされているのだから、2球団とも「残りカスは不要」ということだろう。

「ウチもひどいけど、ヤクルトはもっとひどい」というのが、ロッテファンの本音ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る