• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテ、ハムとも金銭補償に ヤクルト選手なぜ敬遠された?

 これじゃあ来季も期待できないか。

 今オフ、珍しくFA補強を行ったヤクルト。ロッテからは成瀬(29)を、日本ハムからは大引(30)を獲得した。FA選手を取れば次に来るのは補償。有力選手を取られないようにと人的補償リストの作成は気を使うものだ。

 が、25日にロッテと日本ハムはいずれも金銭補償を発表。人的補償がなければ今季の年俸の6割をもらえる。ロッテは8640万円、日ハムは4200万円を手にすることになる。

 今季最下位のヤクルトは12球団中2位のチーム打率.279を誇りながら、チーム防御率4.62は同ワースト。めぼしい野手はプロテクトされているのだから、2球団とも「残りカスは不要」ということだろう。

「ウチもひどいけど、ヤクルトはもっとひどい」というのが、ロッテファンの本音ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る