ロッテ、ハムとも金銭補償に ヤクルト選手なぜ敬遠された?

公開日: 更新日:

 これじゃあ来季も期待できないか。

 今オフ、珍しくFA補強を行ったヤクルトロッテからは成瀬(29)を、日本ハムからは大引(30)を獲得した。FA選手を取れば次に来るのは補償。有力選手を取られないようにと人的補償リストの作成は気を使うものだ。

 が、25日にロッテと日本ハムはいずれも金銭補償を発表。人的補償がなければ今季の年俸の6割をもらえる。ロッテは8640万円、日ハムは4200万円を手にすることになる。

 今季最下位のヤクルトは12球団中2位のチーム打率.279を誇りながら、チーム防御率4.62は同ワースト。めぼしい野手はプロテクトされているのだから、2球団とも「残りカスは不要」ということだろう。

「ウチもひどいけど、ヤクルトはもっとひどい」というのが、ロッテファンの本音ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る