マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ヒザ立ち打ちで両手位置関係の良し悪しを見極める

公開日: 更新日:

 ゴルフの上達に欠かせないポイントはいくつもあるが、そのひとつに「イメージと現実のギャップをなくすこと」がある。

 例えば、アドレス。真っすぐ向いているつもりなのに、実際は目標よりもかなり右を向いている。自分ではダウンブローに打とうとイメージしているのに、実際はダウンでシャフトが寝てすくい打ちになっている。こんな勘違いをしていると、いくら一生懸命練習しても、その努力は報われない。むしろ、ボールを打てば打つほど悪い癖を定着させることになるのだ。

 その悪循環を断ち切る方法として、先週はハンガーを使った練習法を紹介した。

「右手が上、左手が下」になるようにハンガーを持ったら、それでボールを打つつもりでスイングする。両手が離れていると、ダウンで右手が下がると振り遅れたり、シャフトが寝てしまうことがすぐ分かる。クラブを振るよりも、ハンガーを振った方が悪い動きを修正しやすいし、正しい両手の位置関係も分かってくる。ゴルフは両手を離した方が、正しい動きをつかめるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る