• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アスリートを“電波芸者”に 年末年始バラエティーの敬意欠如

「最近のバラエティー番組はスポーツ選手を何だと思っているのか」

 呆れ顔でこう語るのは、スポーツファンの吉川潮氏(作家)だ。

 年末年始のテレビでは数々のバラエティー番組が放映された。その主役はお笑い芸人ではなく、スポーツ選手たちだ。プロ野球やサッカー、ゴルフの他に、卓球、フェンシング、アーチェリーなどのトップアスリートが登場。専門競技の技術を披露する余興で番組を盛り上げている。

 今年はわざわざ海外に出向き、FCバルセロナのメッシやネイマールの他に、レアル・マドリードのハメス・ロドリゲスにも札束を積み上げ「電波芸者」に仕立てていたテレビ局もあった。冒頭の吉川氏がこう言う。

「ファンが英雄視する選手が、日本のテレビにおもちゃにされている映像が現地で放映されたらたいへんな怒りを買うでしょう。日本の選手にしても、番組で笑いを取ったりすれば、子供たちの見る目も変わる。大きなイメージダウンです。それでも小遣い稼ぎのほかに、女子アナやタレントと知り合えるという下心もあるから、いろんな番組に出るのだろうが、選手を管理する球団などが番組内容を精査しなければ、テレビ局の要求はどんどんエスカレートして何をやらされるかわかりませんよ。昔は長嶋、王を引っ張り出して野球芸を披露させるなんて番組はなかった。今のテレビはスポーツ選手に対する敬意がまったくない。テレビに出てくればお笑い芸人と同じ扱いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る