アスリートを“電波芸者”に 年末年始バラエティーの敬意欠如

公開日: 更新日:

「最近のバラエティー番組はスポーツ選手を何だと思っているのか」

 呆れ顔でこう語るのは、スポーツファンの吉川潮氏(作家)だ。

 年末年始のテレビでは数々のバラエティー番組が放映された。その主役はお笑い芸人ではなく、スポーツ選手たちだ。プロ野球サッカーゴルフの他に、卓球フェンシングアーチェリーなどのトップアスリートが登場。専門競技の技術を披露する余興で番組を盛り上げている。

 今年はわざわざ海外に出向き、FCバルセロナのメッシやネイマールの他に、レアル・マドリードのハメス・ロドリゲスにも札束を積み上げ「電波芸者」に仕立てていたテレビ局もあった。冒頭の吉川氏がこう言う。

「ファンが英雄視する選手が、日本のテレビにおもちゃにされている映像が現地で放映されたらたいへんな怒りを買うでしょう。日本の選手にしても、番組で笑いを取ったりすれば、子供たちの見る目も変わる。大きなイメージダウンです。それでも小遣い稼ぎのほかに、女子アナやタレントと知り合えるという下心もあるから、いろんな番組に出るのだろうが、選手を管理する球団などが番組内容を精査しなければ、テレビ局の要求はどんどんエスカレートして何をやらされるかわかりませんよ。昔は長嶋、王を引っ張り出して野球芸を披露させるなんて番組はなかった。今のテレビはスポーツ選手に対する敬意がまったくない。テレビに出てくればお笑い芸人と同じ扱いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  5. 5

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  6. 6

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  7. 7

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    北川景子「リコカツ」堅調も…変わらぬ美貌が“足かせ”に?

もっと見る