アスリートを“電波芸者”に 年末年始バラエティーの敬意欠如

公開日:  更新日:

「最近のバラエティー番組はスポーツ選手を何だと思っているのか」

 呆れ顔でこう語るのは、スポーツファンの吉川潮氏(作家)だ。

 年末年始のテレビでは数々のバラエティー番組が放映された。その主役はお笑い芸人ではなく、スポーツ選手たちだ。プロ野球やサッカー、ゴルフの他に、卓球、フェンシング、アーチェリーなどのトップアスリートが登場。専門競技の技術を披露する余興で番組を盛り上げている。

 今年はわざわざ海外に出向き、FCバルセロナのメッシやネイマールの他に、レアル・マドリードのハメス・ロドリゲスにも札束を積み上げ「電波芸者」に仕立てていたテレビ局もあった。冒頭の吉川氏がこう言う。

「ファンが英雄視する選手が、日本のテレビにおもちゃにされている映像が現地で放映されたらたいへんな怒りを買うでしょう。日本の選手にしても、番組で笑いを取ったりすれば、子供たちの見る目も変わる。大きなイメージダウンです。それでも小遣い稼ぎのほかに、女子アナやタレントと知り合えるという下心もあるから、いろんな番組に出るのだろうが、選手を管理する球団などが番組内容を精査しなければ、テレビ局の要求はどんどんエスカレートして何をやらされるかわかりませんよ。昔は長嶋、王を引っ張り出して野球芸を披露させるなんて番組はなかった。今のテレビはスポーツ選手に対する敬意がまったくない。テレビに出てくればお笑い芸人と同じ扱いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る