日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

謝罪は親方のみ 審判批判の白鵬はなぜ自ら頭を下げないのか

 反省の色はゼロだ。

 26日の一夜明け会見で「なぜ取り直しなのか。子供でもわかる相撲だ」と審判部を批判した横綱白鵬(29)。相撲協会には横綱への抗議の電話が鳴りやまず、多くの親方衆も不快感をあらわにした。

 これに慌てたのが師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)。昨28日に明かしたところによると、27日に白鵬と話し合い、北の湖理事長と伊勢ケ浜審判部長に弟子の不始末を謝罪。その中で白鵬も「『すみませんでした』と言った」と、横綱が反省していると伝えた。

 が、肝心の白鵬は何をしていたのか。いくら相撲協会が師匠を通じて注意する方針とはいえ、本当に反省しているなら自分の口で謝罪をすべき。師匠にだけ頭を下げさせるというのは、まったくもって筋が通らない。

 白鵬は28日に宮城野部屋に姿を現したが、報道陣の問い掛けにはだんまりを貫いた。この日、番付編成会議が行われていた国技館も同じ墨田区内。謝罪に行こうと思えば、行けたはずだ。

 結局、白鵬には反省のカケラもない。周囲がうるさくなってきたから、とりあえず体裁を繕っただけではないか。

 33回目の優勝は「神に認められた」と話していた白鵬。「相撲は神事」というのを、何か勘違いしていないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事