謝罪は親方のみ 審判批判の白鵬はなぜ自ら頭を下げないのか

公開日: 更新日:

 反省の色はゼロだ。

 26日の一夜明け会見で「なぜ取り直しなのか。子供でもわかる相撲だ」と審判部を批判した横綱白鵬(29)。相撲協会には横綱への抗議の電話が鳴りやまず、多くの親方衆も不快感をあらわにした。

 これに慌てたのが師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)。昨28日に明かしたところによると、27日に白鵬と話し合い、北の湖理事長と伊勢ケ浜審判部長に弟子の不始末を謝罪。その中で白鵬も「『すみませんでした』と言った」と、横綱が反省していると伝えた。

 が、肝心の白鵬は何をしていたのか。いくら相撲協会が師匠を通じて注意する方針とはいえ、本当に反省しているなら自分の口で謝罪をすべき。師匠にだけ頭を下げさせるというのは、まったくもって筋が通らない。

 白鵬は28日に宮城野部屋に姿を現したが、報道陣の問い掛けにはだんまりを貫いた。この日、番付編成会議が行われていた国技館も同じ墨田区内。謝罪に行こうと思えば、行けたはずだ。

 結局、白鵬には反省のカケラもない。周囲がうるさくなってきたから、とりあえず体裁を繕っただけではないか。

 33回目の優勝は「神に認められた」と話していた白鵬。「相撲は神事」というのを、何か勘違いしていないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る