広島入り早々に本拠地で練習 沖縄では“黒田台風”発生確実!

公開日:  更新日:

「広島を取材して40年になりますが、宮崎日南キャンプの球場スタンドに立ち見のお客さんが出たのを見たのは今年が初めて。75年の初優勝の翌年でもここまでの注目、熱気は感じられなかった。旧知の観光協会の方は、『これで黒田投手が来てたら大変なことになっていましたよ』とうれしい悲鳴でした」(スポーツライターの駒沢悟氏)

 ヤンキースから8年ぶりに復帰するその黒田博樹(40)が昨15日、羽田から空路で広島入り。空港で約100人のファンに出迎えられた。驚いたのは、その足で4年ぶりに本拠地のマツダスタジアムを訪れると、胸に「CARP」の文字が入った赤いトレーニングウエアに着替え、いきなりトレーニング。球場見学に来ていた一般ファンからは、どよめきの声が上がっていた。

「キャンプで話を聞いた緒方新監督は、いまだに『黒田の復帰は本当にビッグニュース』と興奮を隠しきれず、『彼の精神的なタフネスさ、技術を探求する姿勢、そういうものをぜひ、選手には学んでほしい。実際に会うのが待ち遠しい』と言っていた。競争、といっても前田健、黒田、大瀬良の先発3本柱は決まっていて、本気で優勝を狙っています」(駒沢氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る