広島入り早々に本拠地で練習 沖縄では“黒田台風”発生確実!

公開日:  更新日:

「広島を取材して40年になりますが、宮崎日南キャンプの球場スタンドに立ち見のお客さんが出たのを見たのは今年が初めて。75年の初優勝の翌年でもここまでの注目、熱気は感じられなかった。旧知の観光協会の方は、『これで黒田投手が来てたら大変なことになっていましたよ』とうれしい悲鳴でした」(スポーツライターの駒沢悟氏)

 ヤンキースから8年ぶりに復帰するその黒田博樹(40)が昨15日、羽田から空路で広島入り。空港で約100人のファンに出迎えられた。驚いたのは、その足で4年ぶりに本拠地のマツダスタジアムを訪れると、胸に「CARP」の文字が入った赤いトレーニングウエアに着替え、いきなりトレーニング。球場見学に来ていた一般ファンからは、どよめきの声が上がっていた。

「キャンプで話を聞いた緒方新監督は、いまだに『黒田の復帰は本当にビッグニュース』と興奮を隠しきれず、『彼の精神的なタフネスさ、技術を探求する姿勢、そういうものをぜひ、選手には学んでほしい。実際に会うのが待ち遠しい』と言っていた。競争、といっても前田健、黒田、大瀬良の先発3本柱は決まっていて、本気で優勝を狙っています」(駒沢氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る